子どもの家出理由

子どもの家では犯罪に巻き込まれる危険性も。
家出調査は探偵へ top>家出調査>家出調査>子どもの家出理由

平成19年6月に、警察庁生活安全局地域課によって発表されたデータによると、平成18年中に家出人捜索願を受理した家出人は89,688人にのぼり、そのうち何と「19歳以下」が20,352人で全体の22.75%を占めています。いかに子どもの家出が多いかおわかりいただけたでしょうか?

子どもの家出理由として最近ではいわゆる「プチ家出」と呼ばれる短期間の家出も多数ありますが、この場合にも家出であることに何ら変わりはありません。絶対軽く考えないでください。

子ども、特に未成年の家出の場合、本人さえ想像もつかなかった良からぬ事件や犯罪に巻き込まれるといったことも少なくないのが現状です。数年前には小学生数人が、見ず知らずの成人男性のマンション一室に監禁され、拉致した男性が練炭自殺するという悲惨な事件に巻き込まれたケースが大々的に報道されていたことをご存でしょうか?

子どもの家出の場合、所持金や交友関係が狭いからといって安心してはいけません!何故なら、最近ではインターネットや携帯サイトで知り合った人と行動を共にというケースも決して少なくないからです。


Copyright 2011
家出調査は探偵へ
@探偵ナビ